トップ  >>  書籍詳細
看護のための 症状Q&Aガイドブック
看護のための 症状Q&Aガイドブック
著者名 監修:岡田 忍(千葉大学看護学部教授)
発行年月日 2016年3月11日
判・頁数 新書判 368頁
ISBN 9784907176426
価格(税別) 本体価格 2,000円+税
在庫 在庫あり 
書籍概要
臨地実習や臨床の場でよく出合う39の症状を取り上げ、読みやすいQ&A形式で解説している。読み進めるうちに、症状がおこるメカニズムから観察の方法や看護まで、自然にマスターできる1冊。患者さんの身体で何が起こっているのかがよくわかる。
書籍目次詳細
【主な内容】 CONTENTS 1.ショック 2.痙 攣 3.発 熱 4.脱 水 5.浮 腫 6.腹 水 7.出血・出血傾向 8.貧 血 9.倦怠感 10.や せ 11.肥 満 12.高血圧 13.チアノーゼ 14.動 悸 15.胸 痛 16.呼吸困難 17.咳嗽・痰 18.嗄 声 19.嚥下障害 20.食欲不振 21.悪心・嘔吐 22.腹 痛 23.下 痢 24.便 秘 25.吐血・下血 26.排尿障害 27.高血糖 28.頭 痛 29.言語障害 30.運動障害 31.認知症 32.めまい 33.耳 鳴 34.聴覚障害 35.視覚障害 36.黄 疸 37.かゆみ 38.褥 瘡 39.睡眠障害

続きを読む

序文・はじめに・あとがき 等
はじめに  今、皆さんはどんな状況でこの本を開いてくれているのでしょうか。おそらく臨地実習で担当することになった患者さんの症状について調べようとしているところなのではないでしょうか。  本書は、臨床で遭遇する機会の多い症状を選び、その解説をQ&Aスタイルでまとめたものです。表現やイラストもできるだけ平易なものになるよう心がけました。また、症状のなかにはしばしば一緒にみられたり、続いて起こってきたりするものがあるので、症状同士の関連に目を向けられるような工夫も盛り込みました。大きさも、ベッドサイドで使えるようにコンパクトなものにしました。臨地実習のなかで、皆さんが大いに本書を活用してくださることを願っています。  症状は、正常な機能や形態が何らかの原因で障害されたときに現れてくるものです。従って、正常な機能や形態(解剖学、生理学、生化学)とどこがどのように障害されるのか(病理学)を知っていることは、症状の理解にとって不可欠です。本書の中でも、それぞれの症状を理解するうえで必要な解剖生理、病理について簡単に触れていますが、紙面の都合上十分とはいえません。この機会に、是非もう1度これらの専門基礎科目をひも解いてみてください。実際の患者さんの状態と照らし合わせることで、きっと講義で学んだ時に比べて確実に自分のものになっていくのを実感できるのではないかと思います。 また、同じの症状でも患者さんによってその背景にある病態は異なっており、個々の状況に応じたケアが必要になります。本書はあくまでも参考書であり、本当の教科書は皆さんの前の患者さんであることを忘れないでください。 2016年2月 千葉大学大学院看護学研究科 岡田 忍

続きを読む


page top