トップ  >>  書籍詳細
ワンポイント問題集 解剖学
ワンポイント問題集 解剖学
著者名 編著:渡辺 晧(山形大学名誉教授)
発行年月日 2020年12月24日
判・頁数 B5判 144頁
ISBN 9784907176952
価格(税別) 本体価格 2,100円+税
在庫 在庫あり 
書籍概要
解剖学の重要項目をピックアップした『図解ワンポイント解剖学』をもとにできた問題集!解剖学の要点「穴埋め記述問題」と「○×確認問題」を解きながら、理解を深めていく。
書籍目次詳細
目次
Chapter1 細胞、組織と器官
問題1 細胞の構造
問題2 上皮組織と支持組織
問題3 筋組織
問題4 神経組織
問題5 器官
〇×確認問題

Chapter2 骨格系
問題1 骨格の役割
問題2 骨組織
問題3 骨の発生
問題4 骨の成長
問題5 骨の血管と神経
問題6 軟骨組織
問題7 関節と靭帯
問題8 頭部の骨
問題9 脊柱
問題10 椎体の連結
問題11 胸郭と肋骨
問題12 上肢帯の骨
問題13 上肢の骨
問題14 下肢帯の骨
問題15 骨盤をつくる骨
問題16 下肢の骨
 ○×確認問題

Chapter3 筋系
問題1 骨格筋
問題2 頭部の筋
問題3 頸部の筋
問題4 横隔膜
問題5 胸部の筋
問題6 腹部の筋
問題7 鼡径靭帯と鼡径管
問題8 背部の筋
問題9 上肢の筋
問題10 手根部の筋と筋膜
問題11 下肢の筋
 ○×確認問題

Chapter4 循環器系
問題1 血管の構造
問題2 心臓
問題3 刺激伝導系
問題4 心臓自身を養う血管(心臓の栄養血管)
問題5 大動脈
問題6 鎖骨下動脈とその枝
問題7 下行大動脈とその枝
問題8 下肢を養う動脈
問題9 静脈系
問題10 上大静脈に合流する静脈
問題11 下大静脈に合流する静脈
問題12 門脈系
問題13 胎児の循環系
問題14 リンパ系
問題15 リンパ器官
問題16 血液
 ○×確認問題

Chapter5 呼吸器系
問題1 鼻と鼻腔
問題2 咽頭と喉頭
問題3 気管・気管支
問題4 肺
 ○×確認問題

Chapter6 消化器系
問題1 消化管の構成
問題2 口腔
問題3 咽頭
問題4 食道
問題5 胃
問題6 小腸
問題7 大腸
問題8 肝臓
問題9 胆嚢・膵臓
問題10 体腔の構造
○×確認問題

Chapter7 泌尿器系
問題1 腎臓
問題2 尿管・膀胱
問題3 尿道
問題4 排尿の神経調節機構
○×確認問題

Chapter8 生殖器系
問題1 精巣・精管・精嚢
問題2 前立腺・陰茎・陰嚢
問題3 卵巣
問題4 卵管
問題5 子宮
問題6 腟・外陰部
問題7 胎盤
問題8 骨盤腔の性差と会陰の構造
○×確認問題

Chapter9 内分泌系
問題1 下垂体
問題2 松果体・甲状腺・上皮小体
問題3 副腎
問題4 膵臓ランゲルハンス島・精巣と卵巣
○×確認問題

Chapter10 神経系
問題1 脳・脊髄膜
問題2 脳室と脳脊髄液
問題3 脊髄
問題4 延髄と橋
問題5 小脳・中脳・間脳
問題6 大脳
問題7 神経伝導路
問題8 末梢神経系
問題9 上肢の支配神経と肋間神経
問題10 下肢の支配神経
問題11 脳神経①
問題12 脳神経②
問題13 自律神経
○×確認問題

Chapter11 感覚器系
問題1 鼻腔と嗅覚器
問題2 眼球の付属器官
問題3 眼球の内部構造
問題4 眼球内膜(網膜)
問題5 眼球の線維膜と血管膜
問題6 外耳と中耳
問題7 内耳
問題8 味覚器
問題9 皮膚
問題10 知覚神経終末の構造と機能
問題11 皮膚の付属器官(皮膚腺)
問題12 毛と爪
○×確認問題

続きを読む

序文・はじめに・あとがき 等
はじめに
 本書『ワンポイント問題集 解剖学』は、サイオ出版から既刊の『ワンポイント解剖学―人体の構造と機能―』の内容をもとに問題集として編集されたものである。本書では、看護師養成の大学や専門学校の学生諸君が、人体の構造と機能を学ぶうえで重要な基礎知識を身に付けるための要点を穴埋め問題形式にまとめられている。「解剖生理学」、あるいは「人体の構造と機能」を学ぶ学生諸君には、定期試験等の受験対策に、また卒業期の学生諸君には看護師国家試験の受験対策の一環として、理解度を自己点検するために本書を活用していただければ幸いである。
 なお、看護師国家試験の過去問に関しては既刊の「ワンポイント解剖学」に採録してあるため、本書では穴埋め記述問題を中心とした。ここでは、各章にわりやすいカラーイラストが多用されており、解答の手掛かりと、正確な知識を身に付けるための手助けになるであろう。また、各章の末尾には、〇×式の正誤確認問題が提示されており、理解の自己点検に活用して貰いたい。前述のとおり、本書の問題集は既刊の『ワンポイント解剖学―人体の構造と機能―』の内容に沿って作成されているため、知識の再確認とさらに理解を深めるためには既刊書の解説を参考にしていただきたい。
本書を出版するにあたり、看護大学の教員として研究・教育に携わる5名の皆さんのご協力をいただいた。この方々は、筆者の在職中に医学部看護学科の大学院研究室で、人体の構造と機能に関する実験研究を行い、立派な成果を上げられた院生たちである。大学院を修了後、各人が臨床の現場で経験を積み、現在は全国各地の看護大学で活躍中の、紛れもなく第一線の教育・研究者である。既刊の『ワンポイント解剖学―人体の構造と機能―』と同様、本書の編集においてもこの5名の方々にお力添えをいただいた。したがって、本書の問題に読者諸君が真剣に取り組むことによって、将来の臨床の看護実践に必要な多くの基礎知識を身に付けていたけるものと確信している。

2020年11月8日

執筆者代表
  渡辺 皓
山形大学名誉教授

続きを読む


page top